HOME > CATEGORY - 新書・一般書・学術書
ヘッダー(人文科学)

 カテゴリ「人文科学」のまとめページです。このブログで紹介している人文科学の本を一覧で掲載しています。リンクからそれぞれの本の書評をご覧になることができます。蔵書は少ないですが、一冊一冊、心を込めて紹介するようにしています。ぜひご覧ください。掲載順は人文科学の中のジャンル別です。

 この図書館では、とくに優れていると感じた本について、「プラチナ」「ゴールド」「シルバー」の3段階で「殿堂入り」としています。殿堂入りとした本には、作品名と作者名のあとにランクを記しています。ぜひ、本選びの参考にしてみてください。

 あなたの、あなただけの一冊が見つかりますように。



人文科学



◆世界史
『そうだったのか!現代史』 池上彰

◆民俗学
『忘れられた日本人』 宮本常一(プラチナ)

◆言語学
『国語は好きですか』 外山滋比古
『翻訳語成立事情』 柳父章

◆文学論
『名作の書き出し 漱石から春樹まで』 石原千秋
『三島由紀夫-豊饒の海へ注ぐ』 島内景二


スポンサーサイト




  •   01, 2015 00:00
  • ヘッダー(社会科学)

     カテゴリ「社会科学」のまとめページです。このブログで紹介している社会科学の本を一覧で掲載しています。リンクからそれぞれの本の書評をご覧になることができます。蔵書は少ないですが、一冊一冊、心を込めて紹介するようにしています。ぜひご覧ください。掲載順は社会科学の中のジャンル別です。

     この図書館では、とくに優れていると感じた本について、「プラチナ」「ゴールド」「シルバー」の3段階で「殿堂入り」としています。殿堂入りとした本には、作品名と作者名のあとにランクを記しています。ぜひ、本選びの参考にしてみてください。

     あなたの、あなただけの一冊が見つかりますように。



    社会科学



    ◆社会学(古典)
    『自殺論』 デュルケーム(ゴールド)

    ◆社会学(社会学一般)
    『面白くて眠れなくなる社会学』 橋爪大三郎

    ◆社会学(コミュニケーション)
    『友だち地獄 「空気を読む」世代のサバイバル』 土井隆義

    ◆社会学(ジェンダー)
    『家事労働ハラスメント』 竹信三恵子

    ◆社会学(貧困)
    『子どもの貧困 -日本の不公平を考える』 阿部彩
    『現代の貧困』 岩田正美
    『ルポ 貧困大国アメリカ』 堤未果
    『反貧困 「すべり台社会」からの脱出』 湯浅誠(ゴールド)
    『子どもの貧困と社会的排除』 テス・リッジ

    ◆社会学(他者理解)

    『自分とは違った人たちとどう向き合うか』 ジグムント・バウマン

    ◆社会学(世代論・若者論)
    『「ゆとり」批判はどうつくられたのか』 佐藤博志・岡本智周

    『絶望の国の幸福な若者たち』 古市憲寿

    ◆社会学(社会階層)
    『社会階層からみた日本 階層意識の新次元』』 数土直紀

    ◆社会統計学
    『不透明な時代を見抜く「統計思考力」』 神永正博

    ◆政治
    『コミュニティデザインの時代』 山崎亮






    •   01, 2015 00:00
  • ヘッダー(思想・哲学)

     カテゴリ「思想・哲学」のまとめページです。このブログで紹介している思想・哲学の本を一覧で掲載しています。リンクからそれぞれの本の書評をご覧になることができます。蔵書は少ないですが、一冊一冊、心を込めて紹介するようにしています。ぜひご覧ください。なお、掲載順は作者名のあいうえお順です。

     この図書館では、とくに優れていると感じた本について、「プラチナ」「ゴールド」「シルバー」の3段階で「殿堂入り」としています。殿堂入りとした本には、作品名と作者名のあとにランクを記しています。ぜひ、本選びの参考にしてみてください。

     あなたの、あなただけの一冊が見つかりますように。



    思想・哲学




    『読書について』 ショウペンハウエル


    『武士道』 新渡戸稲造


    『福翁自伝』 福沢諭吉(ゴールド)






    •   01, 2015 00:00
  • ヘッダー(教養)


     カテゴリ「教養」のまとめページです。このブログで紹介している教養の本を一覧で掲載しています。リンクからそれぞれの本の書評をご覧になることができます。蔵書は少ないですが、一冊一冊、心を込めて紹介するようにしています。ぜひご覧ください。なお、掲載順は作者名のあいうえお順です。

     この図書館では、とくに優れていると感じた本について、「プラチナ」「ゴールド」「シルバー」の3段階で「殿堂入り」としています。殿堂入りとした本には、作品名と作者名のあとにランクを記しています。ぜひ、本選びの参考にしてみてください。

     あなたの、あなただけの一冊が見つかりますように。



    教養




    『叱られる力』 阿川佐和子


    『読書力』 齋藤孝
    『論文の書き方』 澤田昭夫






    •   01, 2015 00:00