HOME > CATEGORY - ノンフィクション・ルポ
ヘッダー(ノンフィクション)

 カテゴリ「ノンフィクション」のまとめページです。このブログで紹介しているノンフィクションの本を一覧で掲載しています。リンクからそれぞれの本の書評をご覧になることができます。蔵書は少ないですが、一冊一冊、心を込めて紹介するようにしています。ぜひご覧ください。なお、掲載順は作者名のあいうえお順です。

 この図書館では、とくに優れていると感じた本について、「プラチナ」「ゴールド」「シルバー」の3段階で「殿堂入り」としています。殿堂入りとした本には、作品名と作者名のあとにランクを記しています。ぜひ、本選びの参考にしてみてください。

 あなたの、あなただけの一冊が見つかりますように。



ノンフィクション




『不屈の棋士』 大川慎太郎
『向き合う仕事』 大越健介
『聖の青春』 大崎善生(シルバー)


『キャスターという仕事』 国谷裕子(シルバー)



『二十歳の原点』 高野悦子(2回シリーズ)(プラチナ)


『決断力』 羽生善治
『もの食う人びと』 辺見庸(ゴールド)


『ルポ 電王戦 人間vsコンピュータの真実』 松本博文


スポンサーサイト




  •   01, 2015 00:00
  •  突然ですが皆さん、「食べ物を残す」ことにはどれくらい抵抗がありますか?

     私はすごく抵抗があるんですよ。親から厳しく教育されていたわけではありません。しかし、なぜか食べ物を残してはいけない、という一種の強迫観念のようなものまでありました。学校の給食では、食べ物が棄てられることが耐えられず、余った分の給食をかなり無理しておかわりしていた記憶があります。吐きそうになりながらも食べていましたね・・・。

     なんでそこまで食べ物を残すことを嫌っていたのだろう・・・なんてちょっと考え込んでしまいました。その答えの一部がこの本にはあるかもしれません。今日ご紹介するのは、辺見庸さんの「もの食う人びと」というノンフィクション作品です。五感が刺激され、激しいショックを受けた記憶があります。では、以下「もの食う人びと」のレビューです。

    もの食う人びと (角川文庫)もの食う人びと (角川文庫)
    (1997/06)
    辺見 庸

    商品詳細を見る


    五感を刺激されるノンフィクション



     「もの食う人びと」は1994年に発行された、辺見庸さんによるノンフィクション作品です。社会の最底辺の貧困にあえぐ人たちや、原発事故で放射能汚染された村に留まる人たちなど、極限の「生」における「食」を扱った作品であり(wikipediaより)、第16回講談社ノンフィクション賞を受賞しています。おすすめのノンフィクション作品は、と聞かれたら私は迷わずこの作品を挙げています。嵐の櫻井翔さんもキャスターを志したきっかけとしてこの本を挙げておられました。他にもいろんなところで推薦の声を聞く、かなり有名な作品です。

     「『食う』とはこれほど壮絶であったのか!」帯にこんな文字が書かれていますね。本を読んだ後の感想は、まさにこの言葉に尽きると思います。日本で平穏な暮らしをしていては、絶対に想像もすることのない貧しい人々の暮らしが、「食」を通して描かれます。

     様々な短編が連なっているのですが、その最初を飾るのが「残飯を食らう」。その名の通り、筆者の辺見さんが残飯にありつくという話です。想像を絶するような描写・・・口の中に気持ち悪い唾液が広がり、思わず本から顔をそらしてしまいます。いきなりすごい状況を突き付けられ、震えながら本編へ。そこで待っていたのは、想像を絶するような「五感を刺激される」ノンフィクションでした・・・。

    想像力の限界



     戦争、病気、環境汚染、歴史や文化の歪み・・・。食事を通して見えてきたのは、人間社会の抱える壮絶な闇でした。日本に暮らしていては一生気付かないであろうそれらの光景は、私の創造の範疇を超えるものでした。戦争や貧困のルポはたくさんあり、それらが訴えてくる力には大きいものがあります。ですが、この作品は訴える力では群を抜いているんですね。その要因は、戦争や貧困といったことを、直接描くのではなく、「食」というフィルターを通して私たちに見せたことにあります。言うまでもなく、「食」とは私たちが生きていくためには切っても切り離せない根源的な営み。そこを刺激されるわけですから、当然訴えてくる力は大きい、というわけです。

     印象的だった短編を2つご紹介することにしましょう。

     「麗しのコーヒー・ロード」・・・私たちにもなじみ深い「コーヒー」が登場します。ここでは、唇に皿をはめるスーリ族の様子が描かれていました。スーリ族は唇に皿をはめる、という独特の風習を持っています。しかし、唇に皿をはめるのは、伝統ではなく、実は外国人に写真を撮らせ、お金を稼ぐためのいわば「パフォーマンス」・・・。筆者はこれを「文化の破壊」と名付けています。外国人により、捻じ曲げられた風習。生活を成り立たせるために、必死でパフォーマンスに興じる人々・・・。歪んだ世界の一端を見せつけられたこの短編は大変印象的でした。描かれる食べ物は「バターコーヒー」。これもまた気持ち悪いんですよ。こってりした感じが、自分の舌に伝わってきて顔が歪みます。文化の破壊と、バターコーヒー。読むのが辛い話でありました。

     「兵士はなぜ死んだのか」・・・読むのが辛いという点でいうならこちらの話が上回ると思います。まともな食事を与えられず、餓死していくソビエト軍の兵士たちの過酷な食を描いたこの話。実際にどういう食事が提供されているのか、軍に対して直接取材に挑んだ筆者に対し、提供されたのは「よそいきの食事」。ひどい食事の内容は軍によって隠蔽され、筆者には豪華な食事が見せられました。闇の深さを感じさせるエピソードです。その裏で、兵士たちは石鹸を食べて病気による除隊を願い、そして死んでいくのです・・・筆者はこれを、「食の殺人」と断罪します。

     筆者はかなり思想に偏りを持った人物とのことです。ですから、ここに書かれたことを丸のみにしたり、ここに書かれたことを根拠にして何か主張したり、そういった風にするのに適した本ではない、ということは述べておきたいと思います。ただ、だからといって目をそむけてよい出来事ではありません。いくら信じられないようなことでも、世界にはこのような現実があります。日本にいたらなかなか想像ができませんね・・・だからこそ、こういった本を通して自分の想像力の限界を超えるような体験に接し、何かを思うことに意味があるのだと思います。

     体を張って世界中を巡った筆者に敬意を表します。私にはこんなことをする動機もなければ気概もありません。これを「平和ぼけ」というのでしょうか。とにかく今は圧倒されるばかりです。

    食べ物を残してはいけないわけ



     この本を読んだら、まず食べ物を残せなくなると思います。また、必ず「いただきます」を言うようになると思います。私は本当にこの本から受けた衝撃が大きくて、しばらくは白ご飯の一口一口に感動を覚えるような日々を過ごしました。

     なんで食べ物を残すことに昔からこんな抵抗があるのだろう・・・と本を読みながら考えていたんですね。そうしたら、思い出しました。答えは、今日のタイトル。「おのこしはゆるしまへんで」・・・これは、「忍たま乱太郎」というアニメに登場する「食堂のおばちゃん」の決めゼリフなんです。

     小さい頃このアニメをよく見ていました。すごい迫力で「おのこしはゆるしまへんで!」と叫んでいたおばちゃんが、私に食べ物を残してはいけないという意識を植え付けていたのだと思います。アニメの影響、大きいですね。食べ物を残さない人間になった、という点ではすごく感謝しています。ありがとう、おばちゃん!(迷走)

     「もの食う人びと」と「忍たま乱太郎」を結び付けてレビューを書いたのは、おそらく私が世界で最初だと思います。最後まで読んでくださった皆さん、今日は世界最初という「当たり回」でしたよ! 笑

    ◆殿堂入り決定!

    「最果ての図書館」は『もの食う人びと』を「ゴールド」に認定しました。おめでとうございます!





    こちらもどうぞ

    食堂のおばちゃんとはこの人です(本の内容とは全く関係ないんですけどね・・・)
    忍たま乱太郎 食堂のおばちゃん

    「忍たま乱太郎」って20年以上も前に放送が始まったアニメだそうです(!)。久しぶりに動画を見たら、なつかしさにほろりとしました。
    ノンフィクション, 辺見庸,



    •   14, 2015 23:45

  • 決断力 (角川oneテーマ21)
    羽生 善治
    角川書店
    売り上げランキング: 4,337


     将棋棋士の羽生善治(はぶ・よしはる)さんの本をご紹介しましょう。将棋を知らない方でも名前は知っているという、名実ともに将棋界の第一人者。羽生さんがトップを走り続けられるわけとは?ベストセラー、「決断力」を読んでみました。




    羽生善治さん

    日本の将棋棋士。1970年生まれ。史上3人目の中学生棋士としてデビューした後、19歳2か月で初タイトル「竜王」を獲得。1996年、将棋界の7大タイトルを全て獲得する「七冠」を達成。通算タイトル獲得数は歴代1位。若手が台頭してきた現在の将棋界においても、7つのタイトルのうち4つを所有している。



     強いんです。とにかく、強い。「将棋とは、最後に羽生が勝つゲームである」なんて言葉があるんですが、全く冗談に聞こえません。ちょうどこの記事を書いている今日、将棋の名人戦第4局が行われました。初めて名人に挑戦する行方(なめかた)八段との大熱戦が続いています。



     結果は羽生さんの勝利。3勝1敗で、名人防衛に王手をかけました。この将棋は行方さんが優勢に進め、勝利目前とまでいわれていたのですが、最終的には羽生さんが勝利を収めました。戦いを追っていたのですが、棋力の低い私にはどこでどういう風に形勢がひっくり返ったのか分かりませんでした。いつの間にか、羽生さんが勝っていたという感じです。「将棋とは、最後に羽生が勝つゲームである」-まさに、その通りの展開を見ているようでした。

     そんな羽生さんが、自らの将棋観や人生観を語っているのがこの本、「決断力」です。将棋を指すうえで、一番の決め手として羽生さんが挙げておられるのが、タイトルにもある「決断力」でした。

    私は、いつも、決断することは本当に難しいと思っている。直感によって指し手を思い浮かべることや、検証のための読みの力も読みの力も大切であるが、対局中は決断の連続である。その決断力の一つ一つが勝負を決すつのである。



     いつの間にか羽生さんが勝っている、という現象の裏にあるのは、この「決断力」だと思います。安全に、楽に勝ちに行くことを羽生さんは嫌います。コンピューターが発達し、誰もが簡単に情報を得られるようになった時代においても、「考える力」を磨き続けているからこそ、重要な場面での踏み込んだ決断ができるのですね。考え続けることが、決断力を支えています。

     決断力の大切さは分かりましたが、ではどうして羽生さんはトップ棋士であり続けられるのか、という疑問が浮かびます。この本でも指摘されているのですが、コンピューターが発達している今の時代、将棋は「研究勝負」になっています。あらゆる局面に関して研究が進んでいて、その研究について知らなかったら戦いにすらならず負けてしまう。「知識がなければ負け」。昔の力でねじふせるような将棋とは全く異なっています。盤の前に座る前に、もう勝負の大半は決しているといってもよさそうです。

     若い世代の棋士が、最新の知識を装備して、将棋界で台頭しています。そんな中、現在でも羽生さんは7つあるタイトルの内4つを保持しています。40を過ぎたあたりから棋士としての衰えが始まるとされる将棋界。どうして羽生さんはトップに居続けることができるのでしょうか?

    a1180_008696.jpg


     ちょっと話が変わりますが、私は羽生さんの、戦いを終えた後の嬉しそうな顔が好きです。すごくいい将棋を指した後はもちろんなのですが、強い相手に敗れた時などにとびきりうれしそうな表情をされることがあります。

     印象的だったのが、昨年羽生さんがチェスのチャンピオン、カスパロフさんとチェスをされたあとの表情です。羽生さんは将棋のほかに趣味でチェスをされます。趣味でされるチェスですが、実力は日本一です。

     趣味でされるチェスですが、実力は日本一です(すごすぎるので2回言います)。

     日本一の実力を持つ羽生さんですが、さすがに世界チャンピオンには及びませんでした。しかし、対局のあと、大変うれしそうな表情をされています。強い相手と一戦交えたことが、楽しくてしょうがないといった表情です。動画がありました。よかったら、動画の最後の方、勝負がついたあたりからご覧になってみてください。(1時間3分あたりから)




     本の中ではこんな風に語られています。

    もし、私が将棋の神様と対局したら、香落ちでは木っ端みじんにやられてしまう。角落ちでやっと勝たせてもらえるだろう。未知の領域はまさに無限の世界なのだ。
     そして未開への一歩、そこにどれだけ深く踏み入っていけるのか。これこそ醍醐味。棋士としての楽しみだ。



     羽生さんの楽しそうな表情は、この言葉に説明されているように思います。コンピューターの発達で研究が進んだとはいえ、まだまだ将棋は未知の領域だらけ。未知の世界の広がりが見えているから、そしてそこを開拓していく楽しみがあるから、あんな嬉しそうな表情になるのだと思います。

     羽生さんは、いろいろな戦法を指される「オールラウンダー」です。「自分の得意な形に逃げない」そう羽生さんは語ります。新しい戦法を試して負けてもそれは「授業料」。羽生さんはあえて相手の得意戦法に飛び込んでいく、と言われるのですが、そこにも、将棋への飽くなき探求心、好奇心があるように思います。

     最後に羽生さんが語る「人生の格言」を紹介してしめくくりたいと思います。

     才能とは、十年とか二十年、三十年を同じ姿勢で、同じ情熱を傾けられることである

     天才と呼ばれる羽生さんですが、その人生は「情熱の継続」の結晶でした。その情熱が衰えない限り、今後10年でも20年でも、トップ棋士であり続けるのだと思います。


    羽生善治, ノンフィクション,



    •   21, 2015 23:19
  •  3月から4月といえば、出会いと別れの季節です。毎年様々な出会いと別れを繰り返します。4月に入ってしばらくもすると新しい環境にも慣れてくるのですが、別れが続く3月はなかなか辛いものがあります。

     さて、今年の3月、私が1番辛かった別れは何だろうと考えてみます。今年は自分の卒業・入学の年ではなかったので、生活にはそれほど大きな変化はありませんでした。それでも、かなり落ち込んだ別れが1つあります。それが、NHKのニュースウォッチ9からキャスターの大越健介さんが降板したことでした。

    向き合う仕事 ぼくはこんな人に会ってきた
    大越健介
    朝日新聞出版 (2013-05-21)
    売り上げランキング: 89,008


     今日はそんな大越さんの本を通して、大越さんという人がどういう方なのか、見ていきたいと思います。1人のキャスターの降板に、どうして私はそれほど感じるものがあったのでしょうか。普通、ニュース番組を見る理由は、「ニュースを知るため」だと思います。それが、私の場合、「大越さんを見るため」だったんですね。要するに・・・「ファン」だったのです。どうして一人のキャスターのファンになったのか、今日はそのあたりの話も交えながら・・・。




     「ニュースウォッチ9」のキャスターを5年間務められた大越さん。知っているという方は多いと思います。この本は、番組を通して多くの人にインタビューをしてきた大越さんが、自身のインタビューに対する流儀や報道への思いを語った1冊です。

     インタビューしてきた人たちは各界の大物です。その人たちのエピソードがふんだんに語られていて、そちらに注目しても十分読みごたえのある1冊だと思います。それでも、私はインタビュー「する」側である大越さんの存在を感じずにはいられませんでした。単なる聞き手ではなく、常に真摯に、相手が誰であろうと真正面から向き合ってきた1人のプロの矜持です。

    そしていざ本番に入るというとき、ぼくはそれまでに詰め込んだ様々な知識や情報をいったん捨てることを心がけている。(中略)事前に仕入れた知識や想定した段取りにばかり縛られていると、生き物であるインタビューを窒息させかねない。(中略)捨て去っても残ったもの、それこそが本当に相手にぶつけるべき情報と言っていい。


     インタビュアーが事前に準備を事欠かないのは当然のこととして、それを一度「捨てる」、ということ。勇気がいるように思えますが、これこそが大越さんのインタビューの流儀でした。

     普段、ニュース番組をゆっくり見る時間などなかなかありません。ストレートニュースで要点だけ確認するか、別のことをしながらニュースも流しておくか、普段の私はそんな感じです。ただ、ニュースウォッチ9の、大越さんがインタビューをしている場面はそうではありませんでした。何だか正座でもしながら見なければいけないような、そんな思いになったのです。それは、大越さんのインタビューが常に「生き物」であったからだと思います。

     大越さんは「記憶に残る」キャスターだったと思います。それは、「よくも悪くも」です。その原因は、大越さんがニュースを伝えた後に述べるひと言、自らの見解だったと思います。NHKのニュース番組でこのようなスタイルをとるのは異例中の異例です。そんな異例のスタイルともあって、大越さんの「ひと言」には賛否両論が飛び交いました。

    大越健介の「現代」を見る

     NHKのスタイルの真逆を行くわけであり、また、踏み込んだ発言もあったことなどから、賛否両論の「否」の方の声はかなり大きかったようです。その証拠に、大越さんは自身が番組サイトで執筆していたコラムで、自らへの批判に言及しています。

    大越健介の「現代(いま)」を見る 2013.8.7

     タイトルは「気にしてない!」。ニュースウォッチ9が「嫌いな番組」の5位にランクインし、「司会者が偉そう」と実質上名指しで批判されてしまった大越さん。気にしてないとは言いつつ、実際はものすごく気にしているんだ・・・という茶目っ気たっぷりの文章です。短い文量ですので、ぜひ読んでいただけたらと思います。

     そのコラムの中で、大越さんの一言は「余計なひと言」である、という痛烈な批判が紹介されています。それに対して大越さんはこんな風に述べています。

    それにしても・・・。「余計なひと言」だったんですね。自分なりに考え抜いてコメントしているつもりなんですが。でも、もっと磨きをかけろという励ましだと考えるようにします。


     いろいろと思うところはあったのでしょう。司会者が偉そうだ、と言われ、余計なひと言だ、と言われ、自分がキャスターの番組が嫌いな番組にランクインし・・・散々です。それでも、そんな事実をユーモアたっぷりに味付けして私たちに吐露してくれたこと。そして、ニュースの後のコメントを貫いたこと。私が1キャスターの「ファン」になった理由は、このあたりにあります。

    a0002_011007.jpg

     もちろん、大越さんのコメントが余計なひと言であるわけがありません。この本を読めば、それは自信を持って断言できることです。

    ことの本質を突き、心に刺さることばに出合うことは、われわれ人間に許されたこの上なくすばらしい瞬間である。そうしたことばは、究極の状況で絞り出される感情の発露であったり、思いを伝えたいと懸命に紡ぎ出される苦心の結晶だったりする。


     ことばを「紡ぐ」、ことばと「向き合う」。そんな表現が何度も出てきます。本のタイトルにある通り、政治記者、そしてキャスターは「向き合う仕事」なのだと思います。取材対象と、自分と、そして「ことば」と・・・。ことばに対する真摯な態度が伝わってくる1冊でした。

     さて、ニュースウォッチ9のキャスターを3月で降板した大越さん。その理由について、様々な憶測が飛び交いました。中には穏やかでないものもあり、私は「そんなわけはない」と思いつつ内心穏やかではありませんでした。

     しかし、私の心配は杞憂だったようです。大越さんは現在「ニューズウォッチ9」の番組編集長の立場にあるそうです。インタビュー記事がアップされていました。
    日刊スポーツ 2015.4.30

     テレビで見かけることがなくなったこと、そしてコラムが終了してしまったこと。いろいろと寂しかったのですが、それはこちらの勝手な都合ですね。現在も立場を変えて活躍されているようで、喜ばしく思います。

     ただ、今日の記事は私の主観が大きく含まれたものです。実際は大越さんに対する批判の声も多くあるわけで、「美談のようにするな」と糾弾されるかもしれません。ここに書いたことが全てではない、ということはフェアにするために書いておきます。

     それでもうやはり、私は大越さんが好きだったみたいです。大越さんが5年間伝え続けた、何と言いましょうか、「血の通ったニュース」が好きでした。今日の最後は、そんな大越さんの言葉で締めくくります。

     

     その気持ちに応え続けたいと思う。厳しい日々の中に立ちすくむ人たち、それでも一歩を踏み出そうとする人たち。
    ぼくはその人たちに謙虚に向き合い、あるいは静かに寄り添うようにして、紡がれることばを丁寧に拾っていきたい。


    大越健介, ノンフィクション,



    •   07, 2015 23:59