HOME > CATEGORY - 日本文学(現代)
ヘッダー(日本現代文学)


 カテゴリ「日本文学(現代)」のまとめページです。このブログで紹介している日本文学(現代)の本を一覧で掲載しています。リンクからそれぞれの本の書評をご覧になることができます。蔵書は少ないですが、一冊一冊、心を込めて紹介するようにしています。ぜひご覧ください。なお、掲載順は作者名のあいうえお順です。

 この図書館では、とくに優れていると感じた本について、「プラチナ」「ゴールド」「シルバー」の3段階で「殿堂入り」としています。殿堂入りとした本には、作品名と作者名のあとにランクを記しています。ぜひ、本選びの参考にしてみてください。

 あなたの、あなただけの一冊が見つかりますように。



日本文学(現代)




『いつも彼らはどこかに』 小川洋子
『原稿零枚日記』 小川洋子
『琥珀のまたたき』 小川洋子(ゴールド)
『猫を抱いて象と泳ぐ』 小川洋子(プラチナ)
『人質の朗読会』 小川洋子

『九年前の祈り』 小野正嗣(3回シリーズ)


『桜の森の満開の下』 坂口安吾(シルバー)


『死んでいない者』 滝口悠生


『スクラップ・アンド・ビルド』 羽田圭介(2回シリーズ)


『劇場』 又吉直樹
『火花』 又吉直樹(3回シリーズ)

『女のいない男たち』 村上春樹

『異類婚姻譚』 本谷有希子
『ぬるい毒』 本谷有希子



スポンサーサイト




 こんにちは、おともだちパンチです。今日でブログ開始1週間!訪問してくださった皆様、ありがとうございます。まだまだ駆け出しのブログですから、アクセスが1増えるだけで嬉しいのです。アクセスカウンターの数字が増えては頬を緩ませています。幸せ・・・(*^-^*)
 さて、今日は小川洋子さん「人質の朗読会」をご紹介します。小川さんの織り成す静かな物語に、少しだけ耳を傾けてみてください。以下、「人質の朗読会」のレビューです。

人質の朗読会人質の朗読会
(2011/02)
小川 洋子

商品詳細を見る


静かな雄弁



 小川さんの作品の良さは、と聞かれたら「静かなのに雄弁なところ」と答えます。静かなのに雄弁?矛盾する言葉ですが、何だか一番しっくりくるのです。ストーリーにはほとんど大きな動きがありません。人の存在感も希薄です。その代わり、「モノ」が雄弁なのです。小川さんの描く「モノ」の描写は綿密で、丹念で、丁寧で・・・。モノたちの声なき声をたどる気持ちで、一文一文噛みしめるように読む、そんな読み方をしたい作家さんですね。

激情の余韻



 「人質の朗読会」、などという物々しいタイトルがついた本作。ストーリーはタイトル通り、ゲリラに襲撃され、人質となった人々が、自らの人生について朗読していくというものです。なんとこの人質の8人、爆弾により全員が死亡してしまう(!)ことが最初に明かされます。そこからはいつもの静謐な物語が始まるのですが、壮絶な幕開けが余韻を残し、心に鉛が沈み込んだような気分で読み進めていきます。

 物語のテーマは「ライフヒストリー」ではないかな、と思いました。「歴史」などというと、何か大きな事件や出来事を思い浮かべてしまいます。しかし、ここで描かれるのは、それぞれの人物の、それぞれの人物だけの歴史。それによって世界が変わることはありません。語られているのは、名前も顔も知らない人との出会いや関わりといったこと。とりとめもないような、何でもないようなことなのです。それでも、人びとは語ります。自分だけの歴史を語ります。そこから見えてくるのは、広い世界で、それぞれの人間がそれぞれの歴史を生きていて、時々それらが偶然にも結びついているということ。こんな描写がありました。

僕はそこへ潜り込む。そこを丹念に探索し、痕跡を残さずに去ってゆく。校閲の仕事と同じだ。誰も僕の存在を気にしない。僕が去ったあとも、会は続いてゆく。



 線香花火のような、蛍の光のような、儚げでかよわい物語たち。そこには意味なんてないのかもしれません。しかし、そんな人々が、たまたま人質として一緒になり、物語を語っていく・・・。人間の人生の、美しいほんのひとかけらの部分に触れた気持ちです。

たった一行のこと



 小川さんの作品の雰囲気が分かる、印象的な部分がありました。その雰囲気、ぜひ味わってみてください。

まるで青年の一部分が、天に差し出されたかのようだ。青年から託されたものを身にまとい、その重さに畏怖を抱きつつ槍は震えている。青い空で銀色の直線がきらめいている。もはや青年は何もできず、無言でそのきらめきを見送る。槍は神の描いたラインをなぞってゆく。  ・・・・・  あの日は私にとり、会社を休んで槍投げの練習を見学した、という一行で片がつく一日だった。



 そうなんです、「一行で片が付いてしまう」ようなそんな物語。彼らの口から語られなければ、誰も知ることのなかった物語。何だか、この物語を読めたこと自体が奇跡のような気がして、本のページを閉じました。


うれしいニュース

日本ブログ村の「注目記事ランキング」、書評部門で、このブログの記事がトップ10に2作同時ランクインしました!
(2014年年間ランキング 3 →7位  #3 学びの原石 →10位)。このランキング、選考基準が一切わからないという謎仕様なのですが、自分の記事が注目されるというのはやはりうれしいです。これを励みにして、これからも質の高い記事が書けるように頑張ります。
現代日本文学, 小川洋子,



  •   20, 2015 00:36

  •  最近話題になった作品のレビューをお届けしているこのスペシャル企画。第2弾となる今回紹介するのは、先日発表された第152回芥川賞を受賞した小野正嗣さん「九年前の祈り」です。

    九年前の祈り
    九年前の祈り
    posted with amazlet at 17.02.10
    小野 正嗣
    講談社
    売り上げランキング: 34,751



     単行本が発行されていますが、今回は文藝春秋の3月号で受賞作「九年前の祈り」を読みました。今日から3回シリーズでこの本のレビューを書いていこうと思います。文藝春秋に掲載されている小野さんの受賞インタビューや、芥川賞選考委員の選評もところどころに交えながら、じっくりと作品を読んでいきます。



    第1回 引きちぎられたミミズ

     主人公はシングルマザーのさなえ。カナダ人の夫、フレデリックとの間に息子の希敏(けびん)を授かったさなえでしたが、夫のフレデリックは突然、妻と息子を捨て、姿を消します。さなえに残されたのは、フレデリックの面影を残す、美しい顔立ちをした幼い息子だけでした。失意のさなえは、息子を連れ、「リアス式海岸の複雑な地形をした土地」である地元に帰ってきます。

     -渡辺ミツさんのところの息子さんが病気らしい

     地元に帰ったさなえを待っていたのは、彼女の母の言葉。「病気」という深刻な事態にもかかわらず、彼女はこの母の言葉に「柔らかい雨のような懐かしさ」を覚えます。

     渡辺ミツ・・・それは彼女が9年前、地域の人たちとカナダ旅行に行ったとき、いっしょになったメンバーでした。

    ・・・その同行者のなかに、「みっちゃん」とか「みっちゃん姉」と呼ばれる女性がいた。控えめだが、いつも元気がよくて、何かといえば、みんなが自然に意見を求め、頼りにしていた初老の女性。その人が渡辺ミツだった。


     久しぶりに戻ってきた故郷の風景。そして、9年前、渡辺ミツらと行ったカナダ旅行の記憶。2つが交錯し、さなえの心を揺さぶります。さなえは渡辺ミツの何に思いを馳せたのか。そして、「九年前の祈り」とは?複雑に入り組んだ地形の町で織りなされる、深い悲しみの物語―。第1回の今日は、さなえと彼女の息子、希敏に注目してみたいと思います。




     物語の中で何度も登場するのが、「引きちぎられたミミズ」ということば。これは、息子の希敏が言うことを聞かず、のたうち回る様子を見てさなえが心に浮かべる比喩です。

     希敏は一種の発達障害なのでしょうか、状況の変化に対応することができず、変化があると体をのたうち回らせて暴れだしてしまいます。そんな様子をさして、「引きちぎられたミミズ」というわけです。

     自分の息子に「ミミズ」なんて・・・と思う人がいるかもしれません。ですが、これは息子に対する侮蔑を込めた表現ではありません。さなえは、息子を見ているというより、息子を通して自分を見つめ、葛藤していると言ったほうがよいかもしれません。

    そうなれば、美しい天使のなかに埋もれた本物の息子が現れるだろう。でもこれまで天使から出てきたのは、引きちぎられたミミズだった。踏みにじられ激しく身をよじらせるミミズだった。体液を飛び散らせ苦痛に悶絶し踊り狂うミミズだった。



    息子を青あざが残るくらいつかんでは、何度も激しく、揺さぶった。それは息子に取り憑いたあの引きちぎられたミミズを永久に追放するためだった。しかし息子を当のミミズに変える結果しか生まなかった。



    しかしそのミミズは本物のミミズとちがって幼子のなかにあった感情や知性の土壌を豊かにしてはくれなかった。まったく逆だった。だからミミズが出てくるのを見ると恨みはつのった。我を忘れ、もっと引きちぎってやりたくなった。



     あらすじのところで述べたように、希敏はさなえが分かれた夫との間に授かった子であり、しかもその顔には夫の面影が残っています。しかも、その息子は発達障害をもっていて、変化に耐えられず、暴れまわってしまう。母がわが子を慈しみ、愛する。そんな通常の形を成すには、この母子の状況はあまりにも複雑で、歪んでいました。地元に帰ってきたことにより、その歪みが「解放」されてしまうのです。

    心を閉ざす息子に「引きちぎられたミミズ」を幻視しながら、じつはそれが自分の身体から出ていることに彼女は勘づいている。息子に過度な聖性を見ない。 (選評 / 堀江敏幸さん)



     作品において描かれる子供といえば、純真無垢で希望の象徴というのが定番だと思います。彼女自身、「美しい天使」と形容しています。しかし、希敏は「美しい天使」にはなれない。作品を通して、希敏が言葉を発する場面はありません。言葉はおろか、自分を表現する手段すらないのです。ただ暴れまわるだけ・・・そして、そんな息子の姿に懊悩する母。「引きちぎられたミミズ」の存在が、歪な母子の姿を映します。この母子に、「愛」が通う瞬間は訪れるのでしょうか・・・。

     打ちひしがれたさなえが救いを求めた存在、それが渡辺ミツでした。渡辺ミツもまた、彼女の息子との間で葛藤し、懊悩していたのです。そんな彼女の息子が病気になった・・・。さなえは、9年前の旅行で参加者から聞いたミツの話を思い出します。

    「みっちゃんの息子はな、表情に乏しくて、喜怒哀楽がよう分からん子でなあ・・・。学校に行けるようになるんじゃろうかって心配し、行けたら行けたで今度は人並みのことがでくるんじゃろうかって、また心配してのお・・・。心配は尽きん。(中略)そしたら、みっちゃんが泣いてなあ・・・。泣かんでもいいじゃねぇかって言うわたしも泣いておってな、一緒に泣いたんじゃ。そんとき、わたしはみっちゃんが泣くんを初めて見た。」



     元気がよく、頼れる存在だったミツ。そんなミツの本音がさらけ出されたこの場面の話を、主人公は思い返します。その悩みの種となっていたのは、自分と同じ「息子のこと」でした。さなえは自分と同じような境遇にいたミツに思いを馳せ、依拠していきます。

    ―みっちゃん姉であったら、希敏を安心して託すことができる

     ・・・彼女が思い出したのは、ミツが九年前の旅行の時に見せた「祈り」。そう、「九年前の祈り」です。そして、祈りは現在へ重なり、、彼女自身の祈りへ・・・。今日はここまでにします。



    こちらもどうぞ

    第1回 「引きちぎられたミミズ」(今回です)
    第2回 「故郷という空間」
    第3回 「重なり合う祈り」

    現代日本文学, 小野正嗣,



    •   17, 2015 18:02

  • (7月16日追記) 又吉直樹さんの「火花」が芥川賞を受賞しました。又吉さん、おめでとうございます。こちらは4月にアップした「火花」のレビューです。

    火花 (文春文庫)
    火花 (文春文庫)
    posted with amazlet at 17.02.11
    又吉 直樹
    文藝春秋 (2017-02-10)
    売り上げランキング: 24



     又吉直樹さんの「火花」を読みました。

     随分あっさりとした一文で始めました。いつもの私だったら、「お笑いコンビ、『ピース』の」とか、「今大きく話題になっている」とか、「35万部以上売れた」とか、そんな言葉を頭につけて始めていたと思います。

     この作品にそんな言葉を付けるのは失礼なことだと思います。又吉さんという一人の人間が、「人間」という存在を見つめなおし、問い直した作品。作品との交わりを持たない枕詞は、このさい全て外してしまおうと思ったのです。

     今日から3回シリーズでこの作品を見ていきます。この作品は、2人の人物を通して2つのことが対比されている作品のように思います。ですから、タイトルは「○○と○○」という対比の形にし、2つの対比に注目して読んでいく形をとりました。第1回目のテーマは「平凡と非凡」です。



    #1 平凡と非凡

     主人公は、お笑い芸人「スパークス」の徳永。彼は、熱海の花火大会である人物と出会います。それは、4歳年上の先輩であり、「あほんだら」として活動している芸人、神谷さんでした。

     花火大会の中で異彩を放っていた先輩芸人の姿に、徳永は心を掴まれます。気付けば、彼は神谷さんに弟子入りを申し込んでいました。花火が華やかに舞う夜空の中で無意味に漫才を続けていた徳永。燻りつづけていた彼の心に、小さな火花が宿りました―。

     それから2人が過ごす日々の中で、多くのことが対比されています。なかでも最も印象的だったのが、今回取り上げる「平凡と非凡」でした。

    「せやな。だから唯一の方法は阿呆になってな、感覚に面白いかどうかで判断したらいいねん。他の奴の意見に左右されずに」


     神谷さんのセリフを引用しました。彼のことを端的に表わした部分かと思います。一言でいうなら、「天才肌」。持って生まれてきたものがあり、その持って生まれてきたものを一切汚すことなく、純粋に生き続けている奇跡のような存在です。

     阿呆になって、感覚だけで生きる

     その難しさは、語るまでもないと思います。多くの「普通」の人はそれができません。感覚だけで生きる、そんな赤信号も突っ切っていくような生き方は世間では通用しません。赤信号を無視して飛び出していったところで、「世間」という車に轢かれて死んでしまうでしょう。

     徳永もまた、普通の人でした。どこまでも平凡な人でした。

    僕は神谷さんとは違うのだ。僕は徹底的には異端にはなりきれない。その反対に器用にも立ち回れない。その不器用さを誇ることもできない。



     神谷さんのように特別な人物が描かれるから強調されてしまうだけで、徳永という主人公はどこにでもいるような普通の人です。多くの人は、彼に肩入れしながらこの本を読めると思います。
     
     ただ、彼にとって特別なのは、隣に神谷さんという「非凡」な存在がいたこと。そして、「才能」が求められる、お笑いと言う世界に身を置いていたことでした。その2つの事実が、この物語を残酷にします。

     非凡を見せつけられることにより、自分の平凡さを痛感する 

     この残酷さが描かれています。これは、誰しも経験があることだと思います。

     学校に通っていた時、クラスに一人はいた「天才」キャラ。
     自分がどれだけ努力を重ねても、それを嘲笑うように、自分のはるか上を超えていく人。
     自分には思いつくこともできなかった天才の発想。天才の行動、言動。

     「天才」の方に身を置いている一部の人は除いて、世の中の99.9%の人は一度は経験したことがあるのではないでしょうか。自分の平凡さを痛感させられ、打ちのめされる経験です。

     私などは、本を読んでいてもこういった思いに支配されることがあります。「どうしてこんな美しい表現が思いつくのだろう」「どうしてこんな天才的なリズムが生み出せるのだろう」「どうして、どうして・・・」その果てに、実感するのです。「自分はなんて平凡なんだろう」、と。

    a1750_000009.jpg

     努力では永遠に追いつけないものがあります。「天才」と呼ばれるほんの一握りの人たちが「花火」のような巨大な大輪を咲かせる中で、その他大勢の人は、花火にはなれることなく、「火花」を燻らせます。

     普通で、平凡な徳永。そんな彼は、才能を求められる漫才の世界で生きています。私もそうなのですが、平凡な人が他人を笑わせようと考えるなら、「笑わせる」ためにどうしようか、と考えると思います。芸人さんでいえば、ネタづくりです。でも、天才の中に、人を「笑わせる」という考えなど、全くありません。

    「漫才は面白いことを想像できる人のものではなく、偽りのない純正の人間の姿を晒すもんやねん。つまりは賢い、にはできひんくて、本物の阿呆と自分は真っ当であると信じている阿呆によってのみ実現できるもんやねん



     またまた神谷さんの言葉です。阿呆にはなれない凡人にとって、このことは理解はできても永遠に実践できることではありません。先程、赤信号の例えを出しました。それになぞらえれば、赤信号が何を意味するかも分からない人間と、赤信号を渡ることは正しいと信じている人間だけしか、ここにはたどり着けないのです。

     世の中にはたくさんのお笑い芸人がいます。テレビなどでたまにお見かけしますが、私はそれを見るたび、「天才と凡人が混ざっているな」と感じます。

     特に工夫をしなくても、もはや「存在自体が笑い」のようになっている芸人さんがいれば、必死にネタを考え、飽きられないように、忘れられないように、必死に声を張り上げている芸人さんもいます。常にトップに居続ける芸人さんがいれば、一時期の「流行」にのっかって、一時期だけ「時の人」になれる芸人さんもいます。そして、一時期の「流行」にすら乗れず、一生日の目を見ることのない芸人さんも。

     お笑い芸人だけではないと思います。「才能」が求められる世界全てです。成功できるものと、できないもの。その境目にある「線」が見えてくるのは、この上なく残酷です。

     そんな「線」が見えてくるお話でした。線が見えてしまったとき、凡人はどうすればよいのでしょうか。主人公の苦悩の続きは、次回以降にて。



    又吉直樹さん「火花」を読む

    第1回 「平凡と非凡」 今回です
    第2回 「世間と孤独」
    第3回 「自分と他人」

     
    現代日本文学, 又吉直樹,



    •   03, 2015 23:30