HOME > ARCHIVE - 2015年01月
 今日のブックレビューは、新渡戸稲造「武士道」をご紹介します。すうっと背が伸びるような、緊張感が走る文章でした。ただ、全面的に肯定できるかと言われたら、そうではない部分もあったかもしれません。それでは、以下、「武士道」のレビューです。

武士道 (岩波文庫 青118-1)
新渡戸 稲造
岩波書店
売り上げランキング: 10,061



溢れる知性と誇り



 武士道は、新渡戸稲造が1900年に著した思想書です。日本の土壌で育まれてきた精神、すなわち「武士道」について考察しています。

 特徴は、高潔で知性と誇りに溢れる文体です。引用や引き合いに出される表現は豪華絢爛です。たとえば伊達政宗、吉田松陰から上杉謙信、さらにはソクラテスにシェイクスピアから孔子、孟子まで! いくつか名前を出してみましたが、その豪華さが伝わるかと思います。古今東西の偉人、名言を存分に詰め込んだ教科書のような1冊です。そして、そんな豪華な引用に気圧されることなく、新渡戸の文体にも高潔さが漂います。たとえば冒頭の文。

武士道はその表微たる桜花と同じく、日本の土地に固有の花である。(中略)それは今なお我々の間における力と美との活ける対象である。



 武士道を桜の花にたとえています。思わず嘆息しました。「美しい文」とはこういう文のことをいうのでしょうね。

命と隣り合わせ



 全体的に見れば、その思想の深さと論理の明快さで名著で間違いないと思います。ただ、何か所かこちらが気圧されるというか、考え込んでしまう箇所がありました。それは、「死」が絡んでくる箇所です。

 例えば、名誉について書かれた第8章。世間的賞賛を浴びる名誉は至高善である、として貴ばれています。そして、こんな記述が。

もし名誉と名声が得られるならば、生命そのものさえも廉価と考えられた。それ故に生命よりも高価であると考えられる事が起れば、極度の平静と迅速とをもって生命を棄てたのである。



ん、ん、ん・・・・。

 第12章は自殺や仇討について。切腹の様子がまざまざと描かれており、その緊張感に思わず息を飲みます。血が吹きばしる様子、静寂の中で落ちる首・・・そんな凄惨な死にざまなのですが、新渡戸は切腹を高貴な死であると評価するのです。ガースのこんな歌を引用しています。

名誉の失われし時は死こそ救いなれ、死は恥辱よりの確実なる避け所



ん、ん、ん・・・・。

 ページをめくる手が止まります。武士が潔く、名誉を重んじ、屈辱を恥じる生き方ができた原因は、その懐に携えていた刀にあります。「命」という究極の方法で、穢れた生き方を断ち切ろうとしたのです。ここまで読んでくださった皆さん、この考えにどこまで共感しますか?

 おそらく、日本人は多少共感する部分があるかと思います。先週から緊張が続いているイスラム国による日本人人質事件で、某有名人がこんなコメントをしました。

 「被害者は自らの行為で多大な迷惑をかけた。自決すべきである」
 まさに、といった感じの日本人的考えです。そして、このコメントに対するリアクションに多いのが、「そういったことを有名人が言ってはいけないが、本質はそうである」というもの。 

ん、ん、ん・・・・。
どうなのでしょうね?

やむにやまれぬ大和魂



かくすれば かくなるものと 知りながら やむにやまれぬ大和魂

 吉田松陰が処刑される前日に詠んだ歌です。新渡戸も引用しています。「大和魂」これは日本人が背負う宿命なのだと思います。人情や、義理、名誉を重んじ、恥を徹底的に嫌う。誇るべき精神です。ずっとそんな精神を持っていたい。 

 だけど、違いますよね。変な同調圧力で、失敗した人を徹底的に叩きのめすことは。

 責任を、命をもって償えということは。

 「武士道」を読み違えないようにしたいのです。

スポンサーサイト
一般書, 岩波文庫, 新渡戸稲造,



  •   31, 2015 23:35
  •  来館者数100人突破!どうもありがとうございます、おともだちパンチです。数字が3つ並んでるよ~♪ 笑 次は数字が4つになる日を夢見て頑張っていこうと思います。

     さて、今回は「ブックディスカッション」の後編です。今回のテーマは「ぼっち」。テーマに関連した本を2冊紹介していました。紹介していたのは以下の2冊です。

    なぜ若者はトイレで「ひとりランチ」をするのかなぜ若者はトイレで「ひとりランチ」をするのか
    (2010/06/15)
    和田秀樹

    商品詳細を見る



    孤独の価値 (幻冬舎新書)孤独の価値 (幻冬舎新書)
    (2014/11/27)
    森 博嗣

    商品詳細を見る


    前編はこちらからどうぞ前編「良い子悪い子便所飯」

    では今日も、この図書館のマスコットキャラ、ブックとラブ(プロフィールにいる二匹の犬です)に紹介をしてもらいましょう。

    後編 孤独と親友

    ラブ   森博嗣さんの「孤独の価値」を見ていたんだったね。孤独=寂しい=悪というイメージに森さんが異を唱えていたってことだけど、具体的にはどんなことが述べられているの?

    ブック  うん、森さんが言っているのは「ステレオタイプの虚構」だよ。

    ラブ   ステレオタイプの虚構? あ・・・なんとなく分かるかも。なんかテレビとかで「絆」「つながり」が強調されているとか、そういうことじゃない?前のフェイスブックのCMもすごかったよね。「みんなあなたの友達」なんてフレーズを怒涛の連呼!友達って言葉、何回出てたかしら・・・。

    ブック  そうそう、鋭いね。森さんも、そういった「絆」や「つながり」のごり押し、感動のテンプレートばかり流すメディアに着目して、孤独が悪いものと決めつけられている原因があるんじゃないかと指摘してるよ。こんなことが書かれてる。

    あまりにも、メディアに流れる虚構が一辺倒だ、ということに最大の問題があるだろう。(中略)一般の人はこうは考えないよね、と決めつけてしまっているからだ。


    少数派であっても、その生き方や価値観を無視してはいけない。仲間や家族が人生で最高に大切なものでなくても、けっして異常ではないし、また寂しいわけでもない。それ以外にも、楽しさはいくらでもあるし、また美しいものだって沢山ある。そういったものを、ときには認めることが必要なのではないか、僕は強く感じている。



    ラブ   そうだよね。今までは思い込みに支配されていたかも。「洗脳」って言ってもいいかもしれない。

    ブック  うん、前回見たように、教育方針の影響もあるし、森さんがいうような虚構のステレオタイプもある。森さんはそういったものをゼロから捉えなおしているだけでなく、「寂しさ」「孤独」という感情にも新たな光を当てているんだ。孤独は精神を深め、人間を成熟させることができる時間で、人間だけが持つ特別な感情だって定義してる。それに、こんなことも。

    「賑やかさ」から「寂しさ」へのベクトルは、「洗練」でもある。そこを推し進めるのは「成熟」であり、今風の表現で言えば、「大人の美」なのだ



    ラブ   ああ・・・なんか達観してるね、達観。あたし、明日から孤独を極めようかしら・・・。

    ブック  ちょっ、ちょっと待ったぁ!(なんかまずい方向に行ってるよ・・・) 孤独になろう、っていうんじゃなくて、他に大切なことがあったんじゃなかったっけ?ほら、今日のタイトル・・・

    ラブ   タイトル?「孤独と親友」・・・そうか、大切な親友の存在だね!

    ブック  そうそう(ふぅ・・・)。森さんの素晴らしいところは、自分が一人で生きていけると勘違いするんじゃなくて、周囲への感謝、社会への貢献といった大切なことは忘れていないところだと思うよ。孤独を上手く内包したうえで、協調を求める場面では求めるっていうスタンスがいいよね。

    ラブ   孤独を上手く内包、か。いい言葉だね。そういえば、あたしが読んだ和田秀樹さんも、少なくても自分のことをわかってくれる、「親友」の大切さを言っていたわ。

    むしろ大切なのは、自分に注目してくれる「ひとりの親友」を持つことだ。(中略)「真の自己」を受け入れてくれる相手がいれば、本音での語り合いを通じて、自分自身の価値観や個性に自信を持てる。すると次第に、他人の目など、ほとんど気にならなくなる。



    ブック  孤独を内包しつつ、自分を理解してくれる「親友」をひとりでもいいからつくる、そういうことだね。浅くて広い人間関係より、深くて狭い人間関係、ともいえるかな。

    ラブ   ブックくんキレッキレじゃない!きれいにまとまってよかったね。ちょうど時間も来たみたいだよ。



     19.jpg


    はい、2人が上手くまとめてくれましたね。孤独の価値というものを捉え直し、孤独の時間も大切にしながら、つながるべきときはつながる、交わるべき時は交わる、そんな生き方ができたらよいな、と思います。「ブックディスカッション」いかがでしたか?今後も続けていく予定なので、どうぞお楽しみに。
    森博嗣,



    •   30, 2015 21:53
  • 19.jpg
     

     今日は新コーナー「ブックディスカッション」をお届けします。このコーナーは、1つのテーマを決め、関連した本を2冊紹介し、比較してみるというものです。第1回のテーマとして選んだのは「ぼっち」。・・・・・・・・・。なんともコメントのしづらいテーマではございますが、面白い本を読んだのでご紹介していきたいと思います。そして、このコーナーを担当してくれるのはこの2匹です!

    14_convert_20150129204532.jpg

     この図書館のマスコットキャラになっています、ブック(左)とラブ(右)です。では、ここから先の進行は2匹にお任せしましょう。

    前編 良い子悪い子便所飯

    ブック  第1回目のテーマは「ぼっち」だって。何だかすごいテーマがぶっこまれてきたね・・・。

    ラブ   えーっ、あたしは結構興味あるよ。「ぼっち」とか「リア充」とかね。早速こんな本を見つけてきたんだけど、見てみて!

    なぜ若者はトイレで「ひとりランチ」をするのかなぜ若者はトイレで「ひとりランチ」をするのか
    (2010/06/15)
    和田秀樹

    商品詳細を見る


     和田秀樹さん「なぜ若者はトイレで『ひとりランチ』をするのか」です。便所飯という行為の原因を考えながら、社会全体にも目を向けていてとても面白かったよ。

    ブック  なんちゅーストレートなタイトル・・・。でも面白そうだね。大体、「便所飯」って実際は存在してるの?

    ラブ   筆者もその存在は一種の都市伝説と捉えていて存在には懐疑的なんだけど、実際に新聞でも取り上げられているし、法政大学で行った調査では400人中9人が便所飯経験「あり」と答えているらしいよ(NHK「特報首都圏」)。「便所で食事禁止!」という張り紙がある大学もあるらしいし、実体のない都市伝説というわけではないみたいね。

    ブック  400人中9人・・・。100人中2,3人てこと?そう考えると結構多いかもね・・・。で、筆者は便所飯から何を考察しているの?

    ラブ   そうね、じゃあまずどうして若者が「便所飯」という行為に走るんだと思う?

    ブック  うーん、一人でいるところを人に見られたくないのかな?

    ラブ   そう、筆者もその心理を指摘しているよ。簡単に言うと、こんな感じ。

    「ひとりで食事する奴」=「友達がいない奴」=「大きな恥」



     人に見られることを過剰に意識するようになった若者が、上のような認識でトイレに逃げ込んじゃうって。「ランチメイト」なんていって、お昼を一緒に食べるためだけの関係もあるらしくて、「一人」ということに人が敏感になっている現実が見えてくるね。そして、若者にそんな意識を植え付けているものとして、筆者は80年代から90年代にかけての「教育の変化」を挙げているわ。

    ブック  80年から90年?学校は公正公平、平等を打ち出して「みんな仲良く」って感じに進んでるころじゃないの?

    ラブ   それが皮肉にも「便所飯」につながっているのかもしれないの・・・。89年改定の「新学力観」によって、それまでの客観的評価(テストの点数)から、教員の主観的評価(関心・意欲・態度)に重点がシフトしたの。そこで、子どもたちに「人からどう見られるか」という意識が強まった・・・。筆者はこんな風に書いてる。

    要領よく生きていくためには、まず第一に、教師から見ての「いい子」にならなければいけない。「友達のいないダメな子」と教師に思われたら最後、それだけで掴めるはずだったチャンスを失ってしまう―実際はどうあれ、少なくとも子供たちの意識の中では、そんな不安が日々渦巻いているはずだ



    ブック  なるほど。「人からどう見られるか」という視点ね。「良い子」「悪い子」っていうカテゴライズも、何だか歪なのかもしれないね。どんな子が良い子で、どんな子が悪い子なのか、常識を疑ってみる必要はありそう・・・。

    ラブ   そうそう、友達の数がステータスになっているような状況になっているのならおかしいよね。筆者も、若者たちが立ち回りを意識することによって、「スクールカースト」が生まれ、「人気はあるが、親友はいない子供たち」が完成する、という鋭い指摘をしてるわ。でもね、「友達の数=人間の価値」じゃないなんて理屈では分かっていても、実際に孤独になるのは辛くて、寂しいものなんじゃない?誰だって孤独は嫌だと思うし・・・。

    ブック    その認識も、実は思い込みかもしれないよ。こんな本は知ってる?去年出た、森博嗣さんという人の本なんだけど。

    孤独の価値 (幻冬舎新書)孤独の価値 (幻冬舎新書)
    (2014/11/27)
    森 博嗣

    商品詳細を見る


    ラブ   あ、「すべてがFになる」の人だね!

    ブック そうそう、現在はほとんど人に会わない生活をしている森さんが、孤独というものを改めて捉えなおしている1冊なんだ。簡単に言うと、孤独=寂しい=悪という図式ができあがっている現状を見直して、孤独は静かに自分を見つめなおし、人間を成熟させる貴重な営みだと述べているんだよ。

    ラブ   へえ、面白そう!でも、なんで孤独=寂しい=悪が定着してるんだろう?確かにあたしも、孤独は辛いからなんとかして避けるべきだって思って話してたけど・・・。

    ブック その点も説明されているよ。じっくり説明したいところだけど、今日はもう時間が来たみたい。続きは後編で話すことにしよっか。




     以上、今日は前編をお送りしました。後編は「孤独の価値」の話題を中心に2匹が話してくれる予定です。タイトルは、「孤独と親友」。こちらの方もお楽しみに。以上、おともだちパンチでした。 

    後編はこちらからどうぞ 後編 「孤独と親友」


    森博嗣,



    •   29, 2015 22:13
  •  FC2ブログの方から毎日閲覧してくださっている皆さん、ありがとうございます。こんにちは、おともだちパンチです。訪問者履歴の方を見ると、ほぼ毎日見に来てくださる方が4、5名ほど・・・。本当に励みになっています。今後ともよろしくお願いします。

     今日は本の紹介をショートバージョンでお届けする「ブックレビューFLASH」。今回は今月読んだ本の中からブックレビューで紹介しなかったものをピックアップしていこうと思います。では、さっそくどうぞ。

    ★偉大なるしゅららぼん 万城目学さん

    偉大なる、しゅららぼん偉大なる、しゅららぼん
    (2011/04/26)
    万城目 学

    商品詳細を見る


    「しゅららぼん」とは一体何ぞや、とずっと不思議に思って読んでいたら、中盤に答えが出てきました。そして、「しゅらら」「ぼん」それぞれの「くっさい」正体については終盤で明かされます。物語の展開が常に自分の斜め上を行っていて、何度ものけぞりながら楽しみました。自然でありたいがために、力を得たくないという淡十郎の思いは、前半の恋のエピソードとも重なってとてもよかったです。また、エピローグも秀逸。切なさで終わるかと思いきや・・・綺麗な終わり方です。何より「しゅららぼん」のセンスですね。どこから浮かんだその言葉!?

    ★若者が無縁化する  宮本みち子さん

    若者が無縁化する―仕事・福祉・コミュニティでつなぐ (ちくま新書)若者が無縁化する―仕事・福祉・コミュニティでつなぐ (ちくま新書)
    (2012/02)
    宮本 みち子

    商品詳細を見る


    若者の痛切な叫びから始まる本書。若者の貧困が顕在化するのが遅かった日本において、単に雇用政策にとどまらず、社会的包摂がなされなければいけないと主張します。序盤で指摘されるように、超高齢化社会を若者が担っていかなければならないのに、その一方で多くの若者が社会から孤立しているという矛盾は深刻だと思います。そんな中、ILO事務局長が示した「ディーセント・ワーク」(p86)は雇用の問題を適切に捉えた概念であり、思わず頷かされました。貧困の連鎖を断ち切るために、子供が若いうちから先手先手の施策が必要かと思います。

    ★生存者ゼロ  安生正さん

    生存者ゼロ (『このミス』大賞シリーズ)生存者ゼロ (『このミス』大賞シリーズ)
    (2013/01/10)
    安生 正

    商品詳細を見る


    「エボラ出血熱など比にならない」とパンデミックの恐怖を煽った序盤。中盤は感染症だと思われていた大量死の原因が実は・・・という展開で、その急展開ぶりはなかなかでした。狂っていく富樫も常軌を逸しており、インパクトはあり。ただ、あまり好きにはなれない作品でした。凄惨な死体の描写、死者の数、あまりにも無能な政府、等々、殺伐として退廃的な世界観になんだか胃がむかむかしてしまいました。「人を想う心、人を気遣う心、それこそがこの難局に立ち向かう拠り所だ」こんなセリフがあるのだから、血の通った人間ドラマが見たかったです。




     以上、「ブックレビューFLASH」の1月号でした。1冊目の万城目学さんは、先日の第152回芥川賞で受賞候補にもなっていた作家さん。読書メーターのレビューの方では、その独特な世界観のファンとなっている方が結構多いようでした。今後もどんどん開拓していきたい作家さんです。

     いかがでしたか。次回は新コーナーをスタートさせる予定です。やりたかったコーナーはこれで最後!次回で全てのコーナーが登場する予定です。こちらもお楽しみに。ではでは。おともだちパンチでした。




    •   28, 2015 23:05