HOME > コラム > title - 癖になる!?「読書あるある」

癖になる!?「読書あるある」

 06, 2015 02:27
コラム

 読書あるあるbot

 ツイッターには、「あるあるbot」と呼ばれるbotがあふれています。そのジャンルに詳しい人にとっては、「あるある」が満載でとても楽しいようです。かゆいところをくすぐられるような快感がありますね。

 そんな中、私が最も共感できるあるあるbotといえばやはりこれ、「読書あるある」です。ツイッターでフォローして、楽しませてもらっています。ツイートのバリエーションが多く、飽きさせない点も魅力です。今日はこちらのbotから、私が個人的に特に共感できた「読書あるある」トップ10を発表していきたいと思います。




 さっそく見ていきます。まずは第10位から第4位です。

10


 あれ?私の部屋が覗かれている?? 笑。

 部屋でゆったりと本を読みたいときにこの読み方はよくやります。でも、眠気が襲ってこようものならもうダメです。本が顔面に直撃→目を覚ます→しばらくしてウトウト→・・・の繰り返しです。そのうち、「今日はもう寝よう」となるのがいつものパターン・・・。


 

 大学で試験がある日などは、本を持っていかないことが多いです(直前まで試験勉強で、読書をしている時間がないので)。そんな日に限って、テストが早く終わって空白の時間ができたりします。何か仕組まれているんじゃないか・・・と思うくらいの頻度です。

 そんなことがないように、本は常に持ち歩くことようになりました。図書館で借りた単行本を読むことが多いので、かばんの中でかなりスペースを食ってしまうことが悩みの種ではありますが・・・。




 よくぞ言ってくれました!これはずっと思っていたので、鬱憤が晴れたような気持ちです。

 私の通う学校では、朝の読書タイムは15分でした。短すぎます。毎回のめり込んできたところで強制終了・・・残念でした。受験が始まると、そんな15分の読書タイムすら廃止されて「朝勉強」に。私の機嫌がさらに悪くなったことは言うまでもありません。




 本を図書館で読むか、文庫本を買うかで分かれそうなあるあるですね。私は図書館派なので、意外と新刊を買わない期間が続いたりします。

 これから読む本リストが決まっていて、正直新刊が割り込むスペースがないです。今年はけっこう本を買っているのですが、新刊は意外にも「神様のカルテ0」と「火花」の2冊だけでした。




 私は本の途中リタイアがほとんどないです。少なくとも過去1年は1冊もないと思います。

 合わない本ももちろんあるのですが、どうしてか意地を張って読み切ります。「ここで数ある中からこの本を開いたのも何かの縁」と考えているのだと思います。読み続けていると急に面白くなることもあるので、やはり途中リタイアはもったいないですよ!




 考える時がある、というかいつも考えています。

 1年間で150冊読むとして、あと60年、80歳まで生きるとすれば9000冊です。でもこの計算は単純すぎます。年を取った時に今のようなペースで読めるわけがありません。そうするともっと少なくなるのか・・・。世界には星の数ほどの本があるのに、そのうちたったの・・・と考えると寂しい気持ちになりますね。




 分かりすぎて泣けるのでやめてください。

 10位から4位まで見てきました。けっこう細かいところまで突いてくることが分かったと思います。これがけっこうクセになるのです。トップ3の発表に入る前に、いったんお休みして「番外編」をお送りしたいと思います。番外編は、これまでとは逆で、私が共感できなかった「読書ないない」ランキングです。

私は共感できず!「読書ないない」ランキング




 私は読書感想文は大好きでした。書くことが大好きで、作文や読書感想文などは毎回目を輝かせて取り組んできました。読書感想文で賞を取ると図書カードがもらえます。この図書カード、最高のごほうびです。




 たしかにこういう人はいますね。でも私は逆です。好きな作家の作品は言葉の限りを尽くして称賛するタイプです。

 1番好きな作家が小川洋子さんだということは以前にも書きましたが、小川さんの作品に手厳しいことを書いたことはないと思います。というか、小川洋子さんを批判する人自体あまり見かけません。どの作品も安定して優れているタイプの作家さんで、「ハズレ」がほとんどないことは地味にすごいと思います。




 共感できなかったツイート第1位はこれにしました。1週間本を読まない・・・というシチュエーションはちょっと考えられなかったです。試験期間でも、夜に15分から20分ぐらいは読書の時間を作っています。

 私にとって本は「酸素」で読書は「呼吸」のようなものです。1週間酸素を吸わなかったら・・・・死んでしまいますね。

 では、読書あるあるの方のランキングに戻ります。残すはトップ3の発表です。

23.jpg




 大学生は全国にたくさんいますが、学生時代の国語の教科書をわざわざアパートに持ち込み、定期的に読み返して、ブログの記事にしているのはおそらく私ぐらいでしょう。国語の教科書、人生のバイブルです。




 好きな人に限らず、どんな人でもこれは思っています。形式通りの自己紹介をされても、その人のことはなかなか分かりません。そんなことより、好きな作家や好きな本を教えてほしいです。その人がどんな人か、想像を膨らませることができます。

 ただし、「本は読まないんです」と言われることも相当多いのですが・・・。




 これはもはや「格言」だと思います。

 先日のアメトークで、「読書芸人」の方々も言っておられましたね。自分の家の冷蔵庫を開けるような気恥ずかしさがある、と。絶妙で共感できる例えでした。

 恥ずかしさもそうですが、「選べない」というのも大きいです。おすすめの本と言われたって、どこから手をつけたらいいんだ!と呆然とした気持ちになります。自分の好きな本を勧めてすむのなら単純ですが、相手に喜んでもらえるとは限りません(これまでに読書をしたこがとない、という人に小川洋子さんの本をすすめるのはちょっと違う気がします)。

 そうすると、一般に人気で、あまり読書をしない方にも喜んでもらえる1冊を、と考えます。東野さん?伊坂さん?最近勢いのある西加奈子さん?いやいやでも、辻村さんや米澤さんもいいし・・・・という感じで、結局選べないのです。

 コミュニケーションをとろうと思って、「おすすめの本を教えてください」と聞いてくださるのだと思います。ですが、この質問は本当に困ります。まさしく、「胃が痛く」なるのです。




 以上、「読書あるある」でした。私目線で作ったランキングなので、他の方から見ると全く違った印象になると思います。気になった方は、ぜひ「読書あるあるbot」をフォローなさって、他のツイートも確かめてみてください!

 おすすめの本が選べない・・・といいつつ、聞かれた時のために、ある程度はしぼっています。最後にそれを紹介しておきたいと思います。

おすすめの本<小説>
博士の愛した数式
博士の愛した数式
posted with amazlet at 15.07.05
小川 洋子
新潮社
売り上げランキング: 190,362


おすすめの本<小説以外>
忘れられた日本人 (岩波文庫)
宮本 常一
岩波書店
売り上げランキング: 972


おすすめの本<ほとんど本を読んだことがないという人に>
神様のカルテ
神様のカルテ
posted with amazlet at 15.07.05
夏川 草介
小学館
売り上げランキング: 60,549


おすすめの本<ほとんど本を読まない人、なおかつ大学生の人に>
何者
何者
posted with amazlet at 15.07.05
朝井 リョウ
新潮社
売り上げランキング: 8,846


 あまり迷うことがないよう、最近はこの4冊の中からその場で頭を働かせて決めるようにしています。読書をしないという方も多いので、後者2つを口にすることも多いです。これらの本をきっかけに本を好きになってもらえたらこれ以上嬉しいことはないですね。
スポンサーサイト





  •   06, 2015 02:27