HOME > スポンサー広告 > title - 人とともに -『桜』 勝木俊雄HOME > 自然科学 > title - 人とともに -『桜』 勝木俊雄

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





  •   --, -- --:--
  • 人とともに -『桜』 勝木俊雄

     25, 2017 01:48
     毎年、春になると桜に関する本を手に取りたくなります。文学好きの私は、これまでは桜が登場する文学作品をよく手に取っていました。今年はいつもと少し趣向を変えてみようか、と思い手に取ったのがこの本です。

    桜 (岩波新書)
    桜 (岩波新書)
    posted with amazlet at 17.04.24
    勝木 俊雄
    岩波書店
    売り上げランキング: 17,505


     「桜」というこれ以上ないくらいにシンプルで潔いタイトル。この本は、農学博士の筆者が「生き物としての桜」について書いた本です。桜といえば日本の春を象徴する植物であり、日本人の心といってもいいくらいにその存在が多くの人に根付いていますが、そもそも「桜」とはどんな植物なのでしょうか。そんな関心から手に取りました。

     本当は桜が満開の時に合わせて紹介したかったのですが、なかなか時間がとれず、やっと紹介できました。毎朝通る道に咲き誇っていた桜はすっかり葉桜になってしまいましたが、過ぎ去った満開の時を想いながら書いていこうと思います。



    内容紹介



    自然科学

    っているようで知らない、「生き物としての桜」-。

     「桜には何種類あるの?」
     「ソメイヨシノの他には?」
     「いつから日本人はお花見をするようになったの?」

     私が読む前に思っていたことは上のようなことでしたが、筆者はこれらの疑問に全て丁寧に答えてくれています。一番最初の「桜の種類」についての質問はよくされるそうですが、分類が複雑で、答えるのはとても難しいそうです。私たちが思っているよりもかなり複雑な「生き物としての桜」について、専門家の筆者が分かりやすく知を拓きます。

     植物分類学上の桜について。「染井吉野」をはじめとする、日本に生息する桜について。そして、桜と人のかかわり、歴史について。この本を読めば、桜について多くのことを知ることができます。そして、日本人にとって一番身近とも言えるこの花をめでる気持ちを、ますます深めることができるのではないかと思います。

    書評



    書評

    ◆ さくら、さくら

     専門家の筆者は、桜の表記一つをとってもかなり細かく、正確な表記を追い求めています。いろいろな表記が出てくるので少し混乱してしまう箇所もありましたが、表記一つでもこれほど注意を払わなければいけないという点に、一般人の私たちが知らない「桜」という生き物の存在を感じました。

     上の内容紹介でも触れた桜の種類について触れておくことにします。桜と言えば地方ごとに様々な名前の桜が存在していますが、生物学上の分類で「種」として見た時、日本にあるサクラ類の種類は10種しかないそうです。ヤマザクラ、オオシマザクラ、カスミザクラなどなど・・・。

     「ソメイヨシノは挙げないの?」と思った方もおられるかもしれません。何を隠そう、私もそうでした。ソメイヨシノは桜の「種」ではなく、「栽培品種」(人によってつくられたもの)なのだそうです。筆者は、種と栽培品種を区別するためにソメイヨシノを「染井吉野」と漢字で表記しています。

     日本の桜といえば染井吉野ですが、その歴史は意外と浅く、栽培品種として世に出たのは江戸時代の終わり、全国に広がったのは明治時代になってからです。爆発的に広まった理由は、「お花見」と関係がありました。

    多くの花見客がこうした花見をおこなうためには、花つきがよい、木が早く大きく育つ、一斉に咲くなどの条件が必要である。(中略)”染井吉野”はこれらを兼ね備えた特徴をもっており、庶民が理想とするお花見の桜であったからこそ、爆発的に広がったと考えられる。そして、”染井吉野”が広がることで、現代の我々がおこなっているお花見の様式も定着したといえるだろうか。



     染井吉野が栽培品種で、「人によってつくられたもの」であると書きましたが、この「人によってつくられた」という部分がとても大事で、この本の裏のテーマになっているといってもいいかもしれません。

     人によってつくられた、ということは、「人にとって都合のよいもの」である必要があった、ということです。春になると見事に咲き誇り私たちの目を楽しませる桜ですが、お花見との関連を見ると、「お花見としての桜」としての側面がとても強いことが分かります。

     私たちが求める「お花見としての桜」に対して、筆者が研究を続ける「生き物としての桜」。照らし合わせながら読むと面白いかもしれません。「生き物としての桜」についての記述は、おそらく私たちの多くに新鮮な驚きを与えてくれることでしょう。

    ◆ 人とさくらの命

    a0001_016360.jpg

     4月の上旬、朝通る道には満開の桜が咲き誇っていました。桜並木の下で立ち止まることを計算して、ちょっと早く家を出ます。春の空気はふんわりとしていて、まるで桜の花びらのように薄桃色に染まっているかのようでした。

     桜の下にやってきて、立ち止まります。見事な景色です。桜の下にいる、それだけで全てが満ち足りた気持ちになりました。そして、ちょっと新しくなった生活に向けて、そっと背中を押してくれるような感じもしました。

     「日本人の心」と書きましたが、私は本当にそうだなあと思っています。桜はなんといっても咲き誇るタイミングが見事です。卒業式と入学式、出会いと別れ。桜はそんな春の季節に合わせて咲き誇ります。薄桃色の花びらが、まるでこれから始まる新しい生活への期待と不安を映し出しているように思えて、花びらに自分を重ねたこともあります。

     すっかり日本人の心に根付いている桜。しかし、筆者が伝えてくれるようにその歴史は意外にも浅く、爆発的に広まったのは明治時代になってからでした。桜が日本人の心に根付くのには、何か他にも理由があるのでしょうか。筆者が興味深いことを書いていたのでご紹介します。

     染井吉野が短命だ、というよく言われる説に疑問を呈し、自説を展開する筆者。染井吉野はお花見のために栽培されたので、その寿命というのは人の管理の手によっていると指摘します。そして、染井吉野の「寿命」を考えた時に、興味深いことが見えてくるのです。

    このように見ると、”染井吉野”の一生は人の一生とタイムスケジュールがよく似ていることに気がつく。

    (中略)現在植栽されている”染井吉野”の古木の多くは、第二次世界大戦後に植栽されたもので、団塊の世代とほぼ同じ年齢である。この世代の人たちが、自分とほぼ同じ年齢の”染井吉野”に人生を重ね合わせてみることは、ごく自然な感情であろう。



     すごく素敵なことだと思って感じ入りました。出会いと別れの季節に重なるということだけではなく、人と桜の「人生」が重なり合っている-そんな側面もあるというのです。そう考えれば、歴史が浅いにもかかわらず、人の心に桜が根付いている理由にも納得がいきます。

     団塊の世代の方は、桜に自分の人生を重ね合わせるということをするのでしょうか。平成生まれの私にはまだ思い描いたことのない景色でした。今は想像するだけですが、それはとても素敵なことだと思います。人間と自然がシンクロして、一緒に年をとっていく。なんて美しい光景だろうと思います。

     私も、これから毎年桜を見つめ、少しずつ人生と重ねていけたらと思います。この本を読んで、桜について見つめることができたのは素晴らしい体験でした。

    まとめ



    まとめ



     桜に人生を重ね合わせたい、と書きましたが、そのためには今後も桜が変わらず咲き続けることが必要です。最後に筆者は、「桜の保全」について書いています。

     地球温暖化の進行が、染井吉野の開花にも影響を与えています。桜が開花する前には、冬の時期の「低温刺激」が必要なのだそうですが、気温の上昇が発育に異常をもたらし、地域によっては開花の心配をしなくてはいけないところも出てくるようです。他にも、劣悪な栽培環境についての記述もあります。

     「人とともに」歩んできた桜。美しさに見入るだけではなく、人の手で大切に守り育てていくことも大切なのだと痛感します。私たちの人生の側で常に咲き誇ってきたかけがえのない存在へのまなざしを忘れないようにしたいものです。桜の季節は過ぎてしまいましたが、広がる葉桜に「次の春」と「これから」を想います。




    オワリ

    『桜の森の満開の下』 坂口安吾

     2年前の春に紹介した「桜本」。桜で思い出される有名な文学作品ですね。美しいはずの桜を見てざわざわと心を揺さぶられる心理描写が見事だと思います。

    スポンサーサイト

    新書, 勝木俊雄,



    COMMENT - 0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。